歯科矯正の体験談

歯科矯正の体験談

歯科で行う歯列矯正は医療行為

歯科にかかって歯列矯正を行ったというと、その目的は虫歯にならないための予防であったり、歯のことを考えて行ったように思います。それに対して、美容整形外科で歯列矯正を行ったというと、その目的は見た目の美しさのためかと、自らの欲におぼれたような捉え方をされてしまいがちです。
このように、一言に歯列矯正を行うといっても、それを受けられる機関は2種類あり、どちらでどのように受けるのかというのは、歯列矯正を行う本人次第です。
ちなみに私は、どちらにもメリットがあり、また、デメリットもあると考えているため、自分に合った医師のもとで行うことが1番だと思っています。まず、歯科で歯列矯正を受けるメリットは、歯列矯正を行っている間にも、他の歯を目にしていただけるため、そこにもし虫歯が確認されたときには、その治療を同時に行っていただけるという点にあります。もしそれが、美容整形外科で受けている場合には、歯科の専門医がいないために、虫歯があるという知らせを受けるだけで、何の対処もありません。

しかし美容整形外科にもメリットがあり、それは、美を追求するにあたって、そのアドバイスをいただくことができるということです。
もちろん歯科にこれはありません。実際に美容整形外科で歯列矯正を行った友人は、ホワイトニングも勧めていただけたと言っていました。このように、歯列矯正にはいくつもの方法と場所があり、それらを見極めるのは自分次第だと思いました。
PR情報

Copyright (C)2017歯科矯正の体験談.All rights reserved.