歯科矯正の体験談

歯科矯正の体験談

歯列矯正のために歯科に支払ったお金

小学6年生のときから始めた歯列矯正は、結局中学3年生までかかり、4年間も歯科に通っていました。当時私は、これにどれくらいのお金がかかっていたり、どこからどこまでが保険の補償のある範囲なのかというものを、全く理解していませんでした。そのため、定期的な検診に加えて、少しばかり器具が汚れてきたら自ら歯科にかかって掃除をしていただいたり、歯ブラシや歯磨き粉も、歯科で販売されている高いものを利用していました。
しかし私のこの安易な行動が、歯列矯正にかかるお金をどんどん高くしてしまっていたのです。
それを知ったのは、中学3年生のとき、もう歯列矯正を終える寸前のことでした。当時母は、この歯列矯正にかかったお金を計算するために、領収書を全てファイリングしていて、そろそろ歯列矯正も終わりに近づいてきていたということもあり、リビングの棚にこのファイルが置かれていました。あるとき私は、それを興味本位で見たのですが、なんとその領収書に書かれていた料金は、毎回のように万単位で、私はこのとき初めて歯列矯正が高いものであることを知ったのです。

1度の来院で5000円、1回の器具の取り替えで1500円、1回のお掃除で1000円と、私が自由に来院していたせいで、とてつもない余計な費用がかさばっていました。
しかし母は、私を1度も止めることはなく、歯列矯正を受けさせてくれていたことにとても感謝をしました。総額100万円以上もの料金は、将来親孝行して返していきたいです。
PR情報

Copyright (C)2017歯科矯正の体験談.All rights reserved.